1.幼少-青年時代

こんにちは、かねコーチです!
この記事では、

「かねコーチとは何者?」

という声にお応えして、自己開示させていただきます。

【パート1】幼少期から青年期
【パート2】大学から大学院時代
【パート3】会社員時代

の3つの時期に分けて、3本の記事にまとめています。
今回は、【パート1】幼少期から青年期。

感情にフォーカスして、徹底的に自己分析をしてみました。

まずは、ぜひ僕のことを知っていただき、その他の発信内容もご覧いただけると嬉しいです。

■現在のプロフィール

  • 本名:兼若 勇基(かねわか ゆうき)
  • 出身:大阪府四條畷市
    ・大阪の中では比較的小さく緑の多いベッドタウン
    ・小中学校の同級生東修平が全国最年少で市長をつとめる市
    https://an-life.jp/article/972
  • 生年月日:1988年6月15日
  • 血液型:B型
  • 住まい:大阪の北浜周辺
  • 身長:172cm
  • 体重:68kg(2019年10月現在)
    ・2019年1月現在で83kgだった体重が、8ヶ月で15kgの減量
  • 仕事:コーチ/コンサルタント/YouTuber
    ・コーチとしては、経営者/ビジネスパーソン向けに主にキャリア設計と事業計画策定を支援するパーソナルコーチングを実施
     パーソナルコーチングサービスページ:http://kane-lifedesign.com/coaching/
    ・コンサルタントとしては、収益化を目指すコーチ向けに事業立ち上げのパーソナルコンサルティングを実施
     パーソナルコンサルティング サービスページ:http://kane-lifedesign.com/coach-consulting/
    ・YouTuberとしては、2020年4月から発信を本格化。
     「かねコーチTV」:https://www.youtube.com/channel/UCZ72WzXGLdDQOkbYSqrem2g
  • 学歴:現在MBA取得中
    ・四條畷市立忍ヶ丘小学校
    ・四條畷市立四條畷中学校
    ・大阪府立大手前高校 理数科
    ・大阪大学工学部 地球総合工学科
    ・大阪大学大学院 工学研究科 地球総合工学専攻 船舶海洋工学コース
    ・グロービス経営大学院(MBA)在学中
  • 好きなスポーツ:ラグビー/水球
    ・ラグビーは幼稚園〜中学生まで12年間。ポジションがバックスで主にウイング/フルバック
    ・水球は大学4年間。ポジションはフローター
  • 趣味:筋トレ、旅、読書
    ①筋トレ
    ・2019年1月より本格的に開始
    ・週4回のウエイトトレーニングを継続中
    ・2019年ベストボディジャパン高知龍馬大会に出場
    ・2020年ベストボディジャパン徳島大会ファイナリスト

    ②旅
    ・大学院を休学し2013年に世界一周
    ・好きな国はノルウェー/ラオス/イスラエル
    ・自然と調和した街並/人の温かさを感じられる場所が好き

    ③読書
    ・読書は、大学時代から年間50冊のビジネス書の読書を開始
    ・経営コンサル時代は、年間300冊のビジネス書の多読
    ・現在は年間900冊近くの読書

■過去の全体傾向

自身の過去について、ライフラインチャートを使って振り返ります

かねコーチのライフラインチャート

総じて、目標達成への没頭すること、他人から承認されることで満たされる人生

努力をして何か成果を出すことで満たされてきた
好きでないこと情熱を感じられないことに関しては、うまくやれない

他人からの承認を求める傾向が高い
チーム内で利己的になって和を乱したり
逆に評価されようと人の目を気にしすぎて、本当に自分がやりたいことをやれないことも
やりたいことがやれないと成果が出ず、しだいにモチベーションが下がることが多々

最近はようやく、他人からの評価よりも自分がやりたいことをやり抜き、社会に貢献したい欲求が強まってきた

【パート1】幼少期から青年期

(1)幼少期

大阪府四條畷市内の病院にて、2200gの軽体重で生まれる

http://kg.shijonawate-gakuen.ac.jp/

四條畷学園幼稚園に入学

いたずらの多い時代
友達がイスに座ろうとしたときにイスを引いて転ばせる、みたいないたずらをめっちゃしていた
トラブル起こして、隣のクラスに追放された記憶が・・・
真面目よりも、面白がるのが好きな性格

家では母親に反抗
しかられては家の外に追い出され、泣いていた記憶が強い

年中学年で一人の祖母が死去
これが初めての臨死体験

でもあまり普段から会っていなくて、物心もついていなかった
だからあまり印象に残っていない

それ以来しばらく、目が真っ赤な祖母に追いかけられる夢を見るようになる
なんでこんな夢を見ていたのか今でも謎
夢占い詳しい人教えてください!

(2)小学生時代

https://www.city.shijonawate.lg.jp/soshiki/45/1780.html

四條畷市立忍ヶ丘小学校へ入学

低学年時はいたずらとけんかが多いのは変わらず
学校でけんかしてそのまま授業を抜けて帰る日もあった

そんな中で衝撃の事件が!!
小2のとき、親友を事故で失った
雪の日の登校中、スリップした車との衝突が原因
僕が朝登校すると、給食代に彼のランドセルだけが届けられていたイメージが今でも鮮明に残っている

なかなか泣くことがない僕だけど、このときは本気で泣いた
その日以来、潜在的に「人生を本気で生きよう」と意識が働くようになった

・生きたくても生きられない人間もいる
・自分は後悔しない人生を生きたい
この感覚は今でもめっちゃ強い

一人っ子でいとこもいない家族構成
親友がいなくなったことでいっそう孤独感を感じる
兄弟がいる友人に羨ましさを感じていた

小3から半袖短パンサンダル生活を開始
どの学校でも学年に一人はいるよね?!(笑)

仲の良い友達が先にやっていて、その対抗意識で始めたことだった
「寒くないの?」と聞かれるも、毎回答えるのは「寒くない!」の一点張り

でも実は本当はめっちゃ寒い・・・
自分を強く特別な存在としてアピールしたかった
ちなみに、一番寒いのは気温が下がり始める秋で、冬は感覚がなくもはや寒くない(笑)

http://kouju.mabuchi.co.jp/classroom_list/index.html

小5から、大阪では有名は馬渕教室という学習塾に通い始める
実は、小4の時も1度入塾テストを受けていて、あっけなく不合格
母親が入塾テストのために、問題集を買ってきてやらされた記憶が
ただ、それ以外では勉強しなさいと言われた記憶は全くない

入塾すると、先生の教え方が面白く、勉強にはまり始める
この頃から大人しくなり、成績も上昇
宿題も欠かさずやり、間違えた箇所の復習までしっかりやっていた
この頃から勉強が趣味になっていった

小6で、幼稚園時代から習っていたラグビーで成果が出始める
一気に足も速くなり、トライをバンバン決められるようになる
地域の駅伝大会にも学年代表で出場
その他、水泳/書道/英語を習っていた

(3)中学生時代

四條畷市立四條畷中学校へ進学
仲の良い友達はほとんど私立へ進学

部活はラグビー部に入部
他中学との連合チームだったこともあり、一人で隣の中学に練習へ

一人でいることには慣れっこだが、部活メンバーとずっと仲良く一緒にいられることに羨ましさを感じていた
ここでも孤独感が強いと、今だからこそ冷静に思える

相変わらず運動はできる方で、中2でスポーツテスト学内1位に

勉強は引き続き好き
中学3年間、馬渕教室に通い続けた
特に中3になってからは本気で勉強した
中3からは定期テストの点数が、高校受験の評価対象となる内申点に反映されるためだ
塾からもらう対策プリントを3周やったり、学校で渡された必須対策プリントを5周やったりと、とにかく愚直に努力した
1,2年のときは5教科合計450点前後だったのが、中3では毎回470点越えで最高は492点
内申点は学内1位となり、通知表はオール5
「本気で没頭すればなんでもやれる!」という感覚はここで培われた

勉強とスポーツでNo.1になることで、承認欲求を満たされていた時代だった
中学校という小さなコミュニティだからこそ、1番を目指すことがまだ現実的で、その欲求が原動力になった
1番にいることで自分を強く見せていた
人からすごいと言われるのがめちゃめちゃ嬉しかった

水泳の時間はわざと腹筋に力を入れて引き締まっているように見せたり、変にかっこつけな面もあった
本当はぽっちゃり体型で一度も腹筋が割れたことがないことがコンプレックスだった
今筋トレにはまってる理由はおそらくこれ!!
腹筋の割れた自然に人前で脱げる体を手に入れたい、という思いが筋トレを続ける原動力になっている

中3からはクラスの代表委員にも選ばれ、リーダーのやりがいを知った
クラスで人前に出て話をしたり、学年全体の進行に関われることが心地よかった

高校受験は、地元の四条畷高校ではなく、大手前高校を受験
ずっと四条畷にいて、もっと広い世界を見てみたい感覚があった

受験倍率約4倍の中、無事合格
同じ中学校からは自分しか行かない、という特別感もうまく自分のプライドをくすぐった

(4)高校時代(浪人含む)

https://otemae-hs.ed.jp/

大阪市立大手前高校の理数科に進学
※今は理数科はなく文理学科という名前に

普通科とは違い、もともと大学で理系に進むことを前提とした学科
進学校ということもあり、2年生までに指導要領は終わり、残り1年は受験対策

入学早々、周りの頭が良すぎて絶句・・・
入学時の英語のテストで92点取れて満足していた
ところがクラス内に100点が6人もいることが判明
たしか平均点は95点あたり

さらに最初の定期テストで29点という赤点を取る
ただサボった感覚はなく、自分なりには本気で勉強していた
初めての本気でやってコミュニティ内で1位を取れない、成果を出せないという体験

勉強でNo.1になれない、上位にすら入れないことで自信をなくし、他の面でも積極性を失いかけていた
しかしよくよく考えると、これまでは塾の宿題をやってきたから成績が良かっただけだと気づく

https://cutt.ly/IeRfQOP

悔しさから勉強法に関する書籍「受験は要領」を購入し、独学で勉強を開始
どういう結果を出したいのか目標設定
→現状から課題を明確化
→必要な参考書を選定
→何周やるかを決めてスケジュールへ
→毎日やった勉強の内容を記録
というプロセスをひたすら繰り返す

その成果は徐々に表れ、学内10%以内の成績に復帰
プライドを保つことに成功した
自分の強みでもある、戦略的思考はここで身についたのだろう

高1から京都大学のオープンキャンバスに参加
京都大学への憧れを深める
京都という歴史を感じられる場所で、じっくり学ぶことを想像するとワクワクした
また、中3のとき「宇宙船地球号」というテレビ番組をきっかけに、環境問題に興味を持っていた
気づけば、京都大学で環境問題について研究することが目標になっていた

バタフライ

部活は水泳部に入部
バタフライを専門とするが、なかなか芽が出ず
個人では大阪府の中央大会にも進めず悔しい思いをした
そもそも勉強が主という感覚があって、水泳に対して本気で向き合いきれてなかった
ただ、初めて同期がいる中で部活ができる幸せを感じた

https://www.npo-tsubasa.jp/tsubasa/40/index.html

高3で数理の翼夏季セミナーに参加
約1週間に渡り、ノーベル賞・フィールズ賞受賞者など、世界最先端の科学者の講義を受ける日々
全国の各都道府県から約1名ずつ理系の高校生が集まる
中には、数学オリンピックで金賞の高校生までもがいた
スタッフの大学生も東大やその他旧帝大で優秀かつ面白い方が多かった
「世界最先端の情報を得ながら、トップレベルの人たち一緒にいれることで、好奇心が最大に満たされる」
この感覚が最高に心地よいと感じた
やっぱり大学でもそれ以降も、自分はこういう場にずっといたい

大学受験では京都大学工学部を受験
合格最低点に約200点足りず、あっけなく失敗
ずっと塾には通わず自己流で勉強していたことが一因
模試でも良い判定(むしろE判定のみ・・・)が出たことがなく、自己流だけでは限界があることを知った
わかりやすく教えるプロや、すでに受験を終えたメンターの存在の重要性を大きく感じた
どうしても京大に行きたい思いが強く、浪人することを決意した

https://www2.sundai.ac.jp/yobi/sv/sundai/scontents_P/kousya_PD/1337306173196.html?newwindow=true

浪人生活を開始
駿台予備校大阪南校に通い始める
休んだ日は数えるほどしかなく、365日中350日は毎日14時間の猛勉強
模試の日の帰りに友人とカラオケに行く程度の息抜きで十分だった
目標がある中で勉強するのは苦しくない
一緒に勉強する仲間もおり、楽しい日々だった
模試でもA判定が出て、今度こそいける感覚を持っていた

憧れの京都大学

再度、京都大学を受験
緊張から英語の答案用紙を書き間違えてしまうミス
他の科目も明らかに実力を出し切れた感覚がなかった
結果、合格最低点に約100点足りずに不合格

本気でやった感覚があったし、ここまでやって今までうまくいかなかったことはなかった
本当にショックだった
「自分は頑張ったらそこそこはいけるけど、一番にはなれないんだ」
今振り返るとこの経験以来、「最上を目指そう!」と勇気を持つことができなくなっていった

後期試験で、大阪大学工学部を受験
浪人してそこそこの大学に行きたくない、最後ぐらいは落ち着いて集中しよう、という極限状態で臨んだ
この受験は今までで最高に集中力を発揮していた

結果、無事合格
ただし回し合格で、志望の環境エネルギー学科ではなく、地球総合工学科

志望の大学でない、学部でもない、学科ですらない
大学で何を学んでいいのかわからない不安はあった
不安がある一方で、祖父の出身校でかつ旧帝大の大阪大学
世間的には羨ましがられるネームバリュー
自分のプライドはまだ満たされた感覚があった

もう一年浪人して、京都大学にこだわるという選択もあったと思う
でも、自分にはそこまでのこだわりも、来年こそ受かりたいという情熱も、もはやなかった
大学でやりたいことよりも、自身のプライドを選ぶという選択をし、大阪大学への入学を決めた

【パート2】大学から大学院時代

へ続く

Copyright© かねのライフデザイン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.